ブレストレーニングで呼吸は安定してきたけど、声を出すと喉声になる、歌声に響きがなく薄っぺらく聞こえる、そんな悩みはありませんか?
今回は自宅ボイトレ第3弾として、ハミングの練習方法をご紹介します。

スポンサーリンク

ハミングとは

・口を閉じてメロディを歌う事
・鼻歌
・主にmやnの音が使われる

鼻歌を歌った事がないという人はいないと思いますので、イメージしやすいと思います。また、試してみるとわかりますが、口を開けて発声するよりも高い音が出やすいです。もちろん、ハミングでも喉を絞るような出し方をしたらいけませんが、喉が楽な状態のハミングで出る最高音が、あなたの本当のトップノートです。口を開けて発声した時に、喉の筋肉や、舌、顔の筋肉などに余計な力が入ってしまい、楽な発声がジャマされているのです。

ハミングにはどんな効果がある?

声の響きをよくする

ハミングで出した声の響きは口を開けて発声したときよりも、自分の身体のどこに響いているかがわかりやすくなっています。その為、その音がこもっていた場合、鼻から抜いてあげるなど、響きを自分でコントロールしやすくなります。

腹式呼吸で発声をするということを体感できる

ハミングは口を閉じたまま発声を行うので、息のコントロールが出来ていれば楽に声を出すことが出来ます。逆にハミングで喉に力みを感じてしまうということは、息の吐き方が安定していない、または、息を吐く為に使うべき筋肉がしっかりと使えていないということになります。ブレストレーニング で息がしっかり履けるようになっても、発声をすると喉声になってしまうという人にはピッタリの練習です。

Mの音のハミング

  1. 軽く口を閉じます
  2. 舌は舌の歯の付け根に楽においてください
  3. 舌の上にピンポン球1つくらいの空間をあけます
  4. そのままハミングで発声します
  5. 唇と胸に響きを感じられればOK

Nの音のハミング

  1. 軽く口を閉じます
  2. 舌は舌の歯の付け根に楽においてください
  3. そのままハミングで発声します
  4. 鼻と頭に響きを感じられればOK

エクササイズ

共鳴とは響きのことです。音は響く場所が大きくなれば、音量が上がります。次のように試してみましょう。

 

    1. Mのハミングを8カウント伸ばす
    2. 後半4カウントで口を縦に大きく開ける
1 2 3 4 5 6 7 8
M m m m Ma a a a

↑こんな感じになるはずです。Maになった瞬間に声が大きくなったのを感じられたでしょうか。最初から最後まで安定したブレスで発声が出来ていれば、口を開けた瞬間から声が大きく広がったと思います。これが共鳴の力です。共鳴については、また別の記事で書きます。

まとめ

今回は自宅ボイトレ第3弾として、ハミングをご紹介しました。ブレストレーニング リップロールとともに自宅での練習に加えてみてください。
今回も最後まで読んでいただいてありがとうございます。